‘カメラ’ カテゴリーのアーカイブ

ヴィンテージ・デジタルカメラ~Kodak DCS 410 【前】

2012 年 3 月 11 日 日曜日

お客様より、思わぬお宝(少なくとも我々にとってはお宝ですよ)を頂戴しました。ありがとうございます!!

とりあえず、はい、これです↓

DCS-410

Kodak DCS-410

2個体も捕獲。早速充電して、火を灯してみた。

さてこれは一体何でしょう?

Kodak DCS 410

 

Nikon F90(海外名N90)にハイスピードモータを付けた様なルックスだが、実はNikonの姿を借りた、Kodak社のプロフェッショナル・デジタルカメラシリーズのひとつだ。

日本国内では1996年10月のプレスリリースがあるので、当社の設立時期とほぼ一致する代物だ。ただ、この個体は、ベースカメラがF90のマイナーチェンジ版のF90x(N90s)=1997年登場、であることから、後期のモデルと思われる。

フィルムメーカー自らフィルムをデジタルに置き換えるという、何とも皮肉な製品だが、先見性はさすがである。

気になる発売時のお値段、何と999,000円。(135-36EXポジフィルム約1000本分)

日本人の感覚なら100万を切るときは、998,000円とか980,000円とする慣習があるのだが、999とは、いかにもUSらしい値付けである。それはさておき、デジカメ1人1台時代の今日の価値感覚では、これははとても高額に思えるのだが、当時は数百万のモデルが当たり前のなか、カラーモデルで100万円を切ったことに意義があった。繰り返すが、これはコンシューマ向け製品ではないのだ。

その当時私は、どちらかというと販売する側に従事していたこともあり(もちろん自分は販売実績などない)、非常に興味があったので、ハンズオントレーニングと称して、このひとつ前のモデルDCS 420をデモ機としてKodakさんに個人的に貸し出しをお願いしたことがある。次から次へと貸し出しされていた中、偶然3日ほどスケジュールの隙間があり、運良く借り受け試用することができた。よくぞ素人相手に貸してくれたものだと今更ながら思う。

実際に使ってみると、その写真的な情報量の少なさにフィルムの代替にはまだ相当時間がかかるだろう、との印象だった。フイルムを分解した方が圧倒的にすぐれていたからだ。しかしこの時点でのデジカメの存在意義は、画質というよりも簡便性と即時性にあり、そういったことが重要な報道用途や扱いの小さいカタログフォトには十分に適ったものであった。実際にそういった分野で活躍し、頂いたお客様もその様に活用されたのだろう。

そして、デジタル技術の進化は速く、この後の3~5年で本格的な国産機も登場し、価格もコンシューマでも何とか購入できるところまで下がり、やがて性能面でもフィルムに匹敵、あるいは凌駕して行くこととなる。そのような高性能デジタルカメラの礎を築いたのがDCSシリーズであると思っている。だから今日『K社はデジタル化の転換が遅れたから...』と一言で総括されるのは、90年代を傍観していた者からすると、ちょっと違和感がある。

DCS 410 Front  View

DCS 410 Front View

ベースカメラのNikonにも負けないよう、赤文字で堂々と旧”Kodak”ロゴ。すごい貫禄。21世紀に再びこれを拝めるとは思ってもみなかった。

主な仕様

  • 画素数: 約150万画素(1524 x 1012px)
  • イメージャ: CCD (13.8 x 9.2mm)
  • 記録メディア:PCMCIAカード
  • I/F: SCSI
  • 記録画像形式: 12bitRAW (TIFFフォーマット)

150万画素とは、サービスプリントがやっとのサイズ。一昔前のケータイにも及ばない低さだし、デジカメの顔である画像確認用の背面液晶ディスプレイも付いていない。画角は135フィルム比で2.6倍。つまり50mmレンズを付けると、130mm相当の画角となる。カメラバックには25ピンSCSIインターフェース装備。今時PCにSCSIなんて付いてないよね。CFカードもUSBもこれからという時期で、どれをとっても時代を感じさせるスペックである。

ファインダー

DCS 410の ファインダー

DCS 410 のファインダー

↑実際のファインダー内。

中央の太い黒枠が撮影範囲。まさに覗き窓の狭小さだ。135フイルムカメラシステムをそのまま借りているので、このような対応となる。ちょうど「クロップモード」のような感じだが、黒枠はインポーズではなく、スクリーン上面に直接マーキングされている。135フル・フォーマットのデジタルカメラが登場するのは、もう少し時間がかかる。

記録媒体

記録メディア

記録メディア

シャッターを押したが切れない。とりあえず何らかの記録メディアが必要なようだ。メディアと言っても、CFやSDではない。フラッシュメモリーがまだ高価で一般的ではなかったので、ハードディスクが中心だったのだ。当時使っていたのは、340MBなどのPCMCIAのハードディスク。もちろんそのようなPCMCIAカードは持っていないのが、『ジャンク箱』を漁ってみると、CF->PCMCIA変換アダプタがあった。それに、恐らく今では入手困難であろうメガバイト単位のCFを挿して使用することができる(はず)。時代が時代なのでギガバイト級の大容量CFは認識しないだろう。捨てずに持っておくものである。
またSCSIでPC(この時代は写真業界はMacintosh全盛)と接続すれば、ホストに直接画像を転送できるのではなかったかと思う。フィールドよりむしろ、スタジオで活躍したカメラであったはずだ。

 

つづく

 

先程迄、写真機で在りし物

2012 年 1 月 29 日 日曜日

昨年末、とあるカメラのキャンペーンに応募してすっかり忘れていたのだけど、「当選の発表は発送をもって…」の荷物が今朝届いた。どうやら抽選に当たったようだ。
貧乏くじ男にも、人生たまにはこういうこともあるだろうと、ちょっとだけ気分を良くしていた...矢先に、それは帳消しにされた。

NEX-5 クラッシュ

NEX-5 クラッシュ

サイクリング中にウエストポーチからアスファルトに自由落下。身銭を切って耐衝撃実験をやってしまった。

見るも無残、デジカメの顔とも言えるLCD部から激突して、パネルが割れて吹っ飛んだ。カメラ本体よりもヘビーな200mmレンズをつけていたので、衝撃も倍加。当然そのレンズもダメにした。(実はこっちの年代物レンズの方が入手困難なのでショックが大きい)

メーカー保証残付きの奇麗な中古を買って、さあこれから使い込もうと思っていたのに。

バック

バック

モニタの稼動部が破壊度合いが大きい。電池室の蓋もよく閉まらない。電池も吹っ飛んだ。

液晶を構成するフィルム

液晶画面を構成するフィルム群

一緒に飛び散った『フィルム』。どういう順番で入っていたのだか、もはや分からない。

 

されど動く

バラバラになった液晶部を適当に組んで、フレキシケーブルを接続して電源を入れてみた、、、、すると

バックライトが点いた!しかも、何か表示しようとしている。シャッターボタンを押すと、オートフォーカスが動き、シャッターが動作する。フラッシュも光る。カードに記録も出来る。どうやら液晶部以外は生きているようだ。プラスティックボディが破損することで、衝撃が緩和されたのだろう。

LEDバックライト点灯

LEDバックライト点灯 映像信号も来てるようだ

 

でもこれじゃ、撮影画像確認やらカメラの設定すらできない。表示部の無いデジカメは、カメラとして成り立たないことが分かる。せいぜいモードダイヤルぐらいは外につけて欲しいな。そうすれば、世界の果てでこのような事態に見舞われても、全自動モードに切り替えて撮影を続けられるかもしれない。新たなSONY伝説が語られるかもしれない。

修理か否か

メカや電子部品が正常と分かれば、修理に出すかどうかだ。結論から言えばNOだ。

これだけの衝撃を受け止めたのだとすれば、フレームも変形してるだろうから、LCD部交換だけという訳には行かない。中古購入価格を超えてしまえば(多分そうなるだろう)、『全損』として諦めざるを得ない。余程愛着のあるモノなら使い続けたいが、デジカメには賞味期限があるので、そういう感覚も希薄になってしまっている。経済的な観点で何でも使い捨ての世の中。あまり良い傾向ではないが、直して使うようには作られていないのが現実。

まったく動かないわけでも無いので、貧乏性としては、もったいない気もする。何とかならないものだろうか。

外付け電子ビューファインダーが使えるカメラなら、LCDの代用ができるのだろうが、この機種は旧機種。残念なことに、そういったオプションが無い。本当に残念。

他に考え付く安易な方法としては、HDMI経由で外部モニタに出力すること。でも、本体がコンパクト(かつて世界最小)であるメリットがスポイルされて、まったく実用的ではない。外部モニタも結構値が張る。

あるいは、同機種のジャンクから生きた稼動液晶ユニット部や外装を移植する、いわゆる「2個イチ」。しかし都合よくそういったものが出るはずが無いか。気長にオークションウォッチするしかない?

 

極薄の液晶パネル

極薄の液晶パネル

この薄さには感心する。スマホもケータイも製品が薄型化できる訳だ。

 

すばらしい教訓

・ 硬い地面に落とせば壊れる

・ ディスプレイに大きく依存するデジカメは、いざという時不便 (液晶タッチ式はさらに厳しい)

・ チャリに乗るときは、カメラストラップを『たすき掛け』にする

・ 購入時 全損・盗難保険に加入する

・ キャンペーンに応募しない、くじを引かない

誰にも均等に運があるのだから、つまらないところで使っちゃダメだって、TVで欽ちゃんが言ってたっけ。今年の運を早々に使っちゃったのかも。

 

明けましておめでとうございます。

2011 年 1 月 2 日 日曜日

1月2日、自宅からの富士山

明けましておめでとうございます。

本年も、イメージングソリューションズ並びに「非ITブログ」を宜しくお願いいたします。

ジンバルサポート

久しぶりのブログ投稿です。新年の話題としては?なのですが、そこは「非ITブログ」。昨年の趣味の報告です。

F君にソソノカされて、旋盤、フライスの練習をかねてジンバルサポートを作ってみました。ジンバルサポートとは撮影用の器材で、動く物の撮影に使用される三脚の雲台の様な物です。カメラに長い望遠レンズをつけると、重心が前に寄るため操作性が悪くなります。これをさけるためにレンズを含めた重心を回転部分の支点に合わせることで自由にカメラを振ることが出来ます。市販の物は色々な構造があるようですが、取り敢えず作りやすさを優先して作ってみました。(図面?そんな物はありません。現物合わせで行きます。

以下は、その製作工程。

最初は材料の切り出しです。
軽量化のため10mm厚のアルミの平板を中心に加工します。

青い所はケガキ用の青ニスが残っています。

スイングシャフトの製作

強度を考慮して、フランジとシャフトは一体構造。20mmの鋼材から、フランジ部分を残して、8mmのシャフトを削りだします。8mmにしたのは手持ちのベアリングに合わせたのですが、後々これが後悔の原因に…

フランジ取付け用ネジ穴の加工。120度間隔で正確に開けます。

シャフトをくわえているのはロータリーテーブル。こんな物が無いと、正確な穴あけは出来ません。「腕より道具」です。

半円形の加工も出来ます。

軸受け上部の半円形加工も、ロータリーテーブルとフライス盤で正確に削れます。

スイング部分の完成です。

ハンマートーンの塗装をして一応完成。写真には見えませんが、左右のシャフトはベアリングで受けているので、軽く動きます。スイングのロックには自転車のブレーキを使用しています。[SHIMANO]のロゴがご愛嬌です。

とマア、試作は終わりF君にテストをしてもらいましたが、ヤッパリ回転機構も必要だとのこと。改造にかかります。

結構な重量(おそらくカメラとレンズで5Kgは超える)を支えて振り回すので構造に注意を払います。結局軸受けにはスラストベアリングを使用することにし、下の写真の様な部品を作りました。

回転部分の部品

三脚取り付けのプレート(右下の長方形)は厚さ10mmの磨き鋼板その他はアルミで製作。右上の白いジュラコン製の部品はブレーキパッド用のブッシュで、レバーでシャフトを押し付けて固定されます。レバーハンドルの下のドーナツ型の部品がスラストベアリングで、垂直方向の加重を支えます。

全体を組上げたのが以下の写真。

完成図

カメラを取り付けたのが、以下の写真です。

なんと言ってもレンズがデカ過ぎる!

全ての回転部分にはベアリングを使用しているため、軽く動きます。

F君に評価してもらうと、動かして撮影する限りは問題ないが、固定するためにロックした場合、ガタが残るとのこと。

全体的な、剛性の強化とブレーキ機構の検討が今後の課題です。特にブレーキ機構は中間の適度なフリクッションと、確実なロックを両立させ無いと行けないため難しい問題です。剛性の方は重さを我慢してもらえばどうにでもなるのですがねぇF君。

旋盤買って何作るの?と言われ続けてきました私の一坪鉄工所ですが、実用品をなんとか作ることが出来ました。

今年も精進したいと思います。

不思議景色

2010 年 5 月 17 日 月曜日

夏といえば赤外写真。
赤外フィルム(モノクローム)をご存知だろうか?不可視である近赤外域の波長を可視化するフイルムである。
実例を見るのが早い。このように(↓)、懐かしくも幻想的で気の遠くなりそうな風景表現ができる。

Canal

Canal, early summer

モノクロ赤外フィルムのメジャーなものとしては、KodakのHIEやKonicaの赤外750があり、かつては量販店で購入できたものであるが、残念ながら現在は生産されていない。現在再びいくつか選択肢があるようだが、とても高価であったり、国内取り扱いが無いために海外通販などを行なったりと、非常に厄介である。カラーフィルムでさえ需要が少ない現在、無くなって当然のモノではあるのだが......残念である。

4年ほど前になるか、かつて自家現像などをしていた時代を思い出して、赤外写真が無性に撮りたくなった。フィルムを探したのだが、そのときはすでに見つからなかった。無いとなると、なおさら撮りたくなるものである。
デジカメはどうなのだろうか?デジタルカメラの撮像素子は近赤外にも反応するが、一般撮影の場合赤外は有害光だから、それを除去すべくIR(Infra-red=赤外)カットフィルターが撮像素子前に装着されている。これが取り外せる機種なら良いわけだが、一部を除き固定機種がほとんどだ。自分で取りはずしてしまう改造派もいるが、「現状復帰」出来るのが望ましく、なにより美しい。
ところで、携帯電話のカメラやローコストのデジタルカメラでは、このIRフィルターの効き具合が弱かったり、そもそも省略されているものもあると聞く。本当だろうか?
ダメ元で手持ちのデジタルカメラ何台かで試したところ、なんと、無改造でもそれらしく写るものがあった。いわゆるエントリー機と呼ばれる機種である。赤外撮影の適正条件として、マニュアル露出が出来ること、マニュアルでピント合わせが出来ること、感度を上げてもさほど画像が荒れないこと、などが挙げられるが、いずれの条件も満たした貴重な存在である。それ以来、このカメラは赤外効果専用機として大事に使っている。その他の機種では露光時間が数十秒かかってしまうために、実用には即さない。

Canal, early summer

Canal, early summer

Cycling road

Cycling road

カメラ無改造のこの方式では、可視光カットフィルター(※)を別途レンズに装着する。可視光をほとんどカットしてしまうので、当然ファインダーは真っ暗で何も見えない。可視光を想定して設計された露出計はあてにできない。オートフォーカスは効くが役に立たない。赤外は可視光よりも遠くに焦点を結ぶので、前ピン修正する。ただし赤外指標もあてにならないので、何もかも実写で検証する。(最近のレンズは赤外指標なんか付いていないのでは?)

ここまでをまとめると、
※フィルターは赤外効果と手持ち撮影限界のバランスを考えてSC74を使った。
※ノーファインダー&手持ち撮影なので超ワイドレンズを使う。できれば絞り込む。
※ピントを手前に合わせる。このレンズは50cm目盛りで∞が出た。ただしレンズにより違う。
※実はこのカメラ、赤外でも露出計がそれなりに正確。
撮影後すぐに画面で確認出来るから、失敗したら撮り直せば良い。暗室要らず。なんという便利な時代か!


普通に撮った写真と比較する

■カラー写真

カラー

カラー

普通のカラー写真

■モノクロモード

モノクローム

モノクローム

面白くもなんともない

■可視光カット+カラーモード

赤外効果(カラー)

赤外効果(カラー)

SC74フィルターを装着しカラーモードで撮影すると、このように画面が赤くなる。可視光を完全にカットできていないのと、フィルターの着色と思われるが、我々の「赤外線」に対するイメージをまったく裏切らない色だ。

■可視光カット+モノクロモード

赤外効果

赤外効果

普通のモノクロに較べて、木の暗い影の部分が明るく、幹や枝までよく見える。
こんなに赤外に感じるカメラは普通の撮影でも問題になるのではと思うが、可視光に対して無視できるほどのレベルと判断されたのであろう。しかしこのカメラ通常撮影ではなんとなく赤く写るような気がしている。これがエントリーモデルたる所以だろうが、コストパフォーマンスは最高だ。

赤外写真には以下のような特徴がある。

  • 青空が濃くなる
  • 木々や草の緑が雪景色のように真白く描写される
  • あまりシャープには写らない。その滲み具合が幻想的
  • 青空を落とすにはYやRフィルタでも表現できるが、草木が明るく表現されるのは赤外ならではの効果である。これは葉緑素が赤外をよく反射するからだという。熱でやられないための防衛策だ。
    その他、黒い生地が白く写るのが面白い。これは特定の染料のせいだろう。(決して透けたりはしないので、勘違い無きよう)

    見えない光を写すという意外性が面白いので、人と少し違った表現をしたい方にはお勧めです。

    M4/3 – セミ・オールド・レンズの救世主

    2009 年 11 月 26 日 木曜日

    オールド・レンズといっても、30年ほど前の比較的新しい(?)実用レンズの話である。

    国産の超有名カメラメーカーC社は、カメラのAF化にともない、20数年前から一眼レフカメラの交換レンズとして、完全電子化されたEFレンズシステムを展開してきた。
    EFシステムは現在でも大成功を収めているが、それ以前のMF時代には「FDレンズシステム」なるものがあった。
    このFDレンズといえば職人技の伝説の超高性能レンズが数多くあり、F-1、AE-1などのベストセラーカメラと併せて一時代を築いた。
    しかし残念なことに、FDレンズは現行EFシステムとはまったく互換性がなく、その寸法・規格・形状のためにマウント・アダプター(コンバーター)などを介しても、取り付けられる他社製のデジタルカメラは無く、仮に付いたとしても近距離にしかピントが合わない超ド近眼レンズになってしまったりと、デジタルでは制約が多く使いにくい。
    だからFDレンズはフィルムで使うしかないので、デジタル全盛時代、中古市場では常に不人気な存在であり、不人気ということは中古価格が相当に安いのだ。
    私も当時からのレンズを何本も持っているし、いつかデジタルで使えるようになるのではないかと密かな期待を胸に、ダメ元で折々買い集めていた。

    ・・・

    ところが、昨年頃から国内のO社やP社あたりから、マイクロフォーサーズ規格というミラーレス一眼カメラシステムの提案があり、俄に状況が変わってきた。
    なんと極端に短いフランジバック(20mm弱!)のために、アダプタをそれぞれ用意すれば、ほとんどの規格のレンズが付く(かもしれない)ということだ!特に喜んだのはLマウントとかMマウントのユーザーではなかろうか?なんとメーカー純正でこれらのアダプターを用意するというのだから。
    いざふたを開けてみると、これらは本当に実現していた。 
    冷静に考えれば、自社のレンズ以外は付けさせないようにするのがほとんどのメーカーの表向きの対応だと思うのだが、実はこれが売りだったりするのだ。

    この粋な計らいには正直感動した。「女流一眼」とか「ファッション一眼」のキャッチコピーが鮮烈であったが、むしろマニアのためのカメラだろう、これは。

    サードパーティーからも様々なアダプタが用意され、ついに私のFDレンズもデジタルで陽の目を見るときが来たのだ。

    ・・・

    ↓ジャーン、 こんなことや

    24-35mm

    24-35mm

    ↓ドカーン、 こんなことも

    500mm

    伝説の白レンズに合わせてボディカラーをコーディネートした

    もちろんオートフォーカスなど効かないし、手動絞りであるが、かつてはそれが当たり前だったので、まったく不便は感じない。また画角が2倍になってしまうので、広角レンズを使いたい向きには物足りないだろう。

    しかし、30年前のレンズが現代のデジタルカメラとコラボレーション出来る、ということが何より貴重なのである。

    ・・・

    後者のシステムで、連休中に定番のカワセミを撮影してきた。(動かないから撮影が楽、という理由で)
    30年前のレンズなんて性能はどうなの?という心配は無用で、光量の厳しい状況であったが、結果良く写るのである。

    カワセミ

    みんな大好きカワセミ

    伝説の白レンズは、21世紀の現代でも健在であった。
    FDレンズの中古価格が高騰しないように小声で言っておく。FDレンズを持っているマニアックな方にはお勧めします.