‘食’ カテゴリーのアーカイブ

トースターの修理

2015 年 4 月 4 日 土曜日
我が家のトースターがどうも調子が悪い。
トースターはUSAサンビーム社製でスクリーンセーバーで羽根が生えた空飛ぶトースターのモデルになったタイプ。
FlyingToaster
我が家に来てからかれこれ15年。殆ど毎日美味しいトーストを焼いてくれていた。
上にパンを入れる長方形の穴があり、そこに食パンを入れると、そろそろと沈んでいき、焼けたらまたそろそろとトーストが持ち上がってくる。
最初にこの動きを見たのは20年ほど前の大阪”吉田バー”、おつまみにオイルサーディンのトーストを頼むと、このトースターでこんがり焼いたトーストにバターを塗り、オイルサーディンを乗せただけ。でもこれが美味しいのと、トースターの動きが楽しい。
愛用のトースター

愛用のトースター

すでに製造中止になっていたようで、その後オークションでデッドストックを見つけて購入したのが15年ほど前でした。
ヒータが強力で,パンに近いため,表面はこんがりでも中はふっくら。美味しいトーストが焼けます。
ところが、ここ1年ほどはパンを入れても中々沈まず、これがまたうまく沈むときとそうでないときがあって、余計イライラ。最近は90%沈まない。
買い換えるにも,ディスコンで販売しておらず、ダメ元で修理してみることにしました。
内部はいまどき珍しい完全な機械式で1ミリ程のプレス抜きした鉄板の組み合わせで作られており、結構複雑な動きが機械機構のみで実現されています。
カバーを外して,暫く眺め回していましたが、どうも原理が分からない。
電気的なスイッチというものが無く、バイメタルの温度制御装置の接点を,メカニズムで制御しているようです。どうにも分からないのがバイメタルで電源が切れた後、そろそろとトーストがせり上がる仕掛け。沈むときにスプリングをチャージしているわけでも無いので不思議です。どなたかメカの専門化の方で原理をご存じの方おられましたら教えてください。
内部構造
とは言うものの、我が家でパンが焼けないのは困るので、取りあえずパンを入れると電源が入りパンが下りていく所だけは少し分かってきたので、機構部分のあたりの調整を行い、何とか自動的に下りていくようになりました。
その後、長年の使用で汚れていたカバー表面をコンパウンドで磨きピカピカにした後、組み立てて修理完了。ほぼ新品同様?に……..
今朝の朝食用の食パンを焼いてみましたが、快調です。
うまく焼けました。

うまく焼けました。

温度調節のレバーの位置関係が少しずれたのか,以前と焼き加減が異なるようですが,レバーで調整できるので問題なし。美味しいトーストでした。

春の楽しみ 3題 プラス1

2013 年 4 月 24 日 水曜日

今年の桜は早足で、気温も上がったり下がったりで、何となく落ち着かない春ですが、例年この季節になると,楽しみにしていることがあります。

天声人語に「春の食材は逃げて去る」「逃すと又来年になる」と書かれていましたが、全くその通りで、この季節の食材はすぐに姿を消してしまうので、見つけたら速攻で手に入れる様にしています。

土筆

ツクシは去年もご紹介しましたが、今年もいつものツクシ畑?(よその団地の土手なのですが)に行くとたくさんとれました。今年は春の訪れが早かったのか、生育が良く、三回も食べることが出来ました。

最後なので少しだけ取りました。

最後なので少しだけ取りました。

例によって、袴の掃除や調理はカミさん任せで、ごま油で炒めた後甘辛く煮詰めているようです。ツクシの頭のところが開いておらず緑が残っているのが美味しい様で、採集するときも伸びきった物は取らない様にしています。

我が家の定番です。

我が家の定番です。

先週見に行ったらスギナが伸び放題で、今年はもうお終いです。

 

蕗の薹
かつて仙台のお客様が、別荘の道ばたに生えていたと,山の様に送って頂き、さすがに天ぷらでは食べきれず調理方法を探したところ、蕗味噌にたどり着きました。

2パック買いました
最近は栽培している物しか手に入りませんが、毎年この季節になると,自己流の蕗味噌を造ることにしています。天然物に比べると苦みや風味は落ちるのですが、それでも作っておくといつの間にか無くなります。作り方は簡単
サーと洗った蕗の薹をみじん切りにし、鷹の爪と一緒にごま油で炒めます。
シンナリしてきたら、ほぼ同量の味噌(ウチでは田舎味噌と赤味噌を合わせます)を入れ、焦がさない様に炒めます。お好みで、味醂や砂糖を入れても可。

刻んで炒めるだけ

刻んで炒めるだけ

適当なところで火を止め,粗熱がとれたらタッパーに移し冷蔵庫で保管。
一月ぐらいは食べられますので、多めに作っても大丈夫です。
熱いご飯に乗せるのが一番ですが、娘はトーストに乗せたりしています。
普通の味噌汁に少し加えると蕗の薹の香りが楽しめます。

完成デス!! ご飯が一番

完成デス!!  白いご飯が一番、これだけで2膳はOK!
タケノコご飯にも合います。

 

イカナゴ

次はイカナゴです。関東ではあまりなじみがないのですが、関西では春を告げる魚で、特に神戸垂水地区の「イカナゴのクギ炊き」は有名です。クギ炊きも美味しいのですが、私はもう少し太く大きくなった、”カマスゴ”と呼ばれる物が好物で、10cm程の背中が少し黄色く、油が乗ったのをあぶって、酢醤油で食べます。
イカナゴはスズキ目 ワニギス亜目イカナゴ科で、稚魚は東日本で「コオナゴ(小女子)」、西日本で「シンコ(新子)」と呼ばれ、湘南のシラスと間違われますが、シラスやチリメンジャコと呼ばれるものは鰯の稚魚で少し苦みがあるのに対して、シンコはもう少しさっぱりしています。

イカナゴ
元々、高級なものではなく、スーパーなどで1パック100円ほどで売られていたのですが、最近は少し値上がりしてそれでも200円ほどで買えます。
手に入る時期が限られているのですが、実家の母が見つけたら送ってくれるので毎年楽しみにしています。

とりあえずフライパンで...

とりあえずフライパンで…

焼き立ての熱々を、酢醤油(2杯酢はダメで酢醤油がおいしい)にジュとつけてそのまま食べます。実はこの後、イカナゴ用に卓上の焼き肉用のコンロを買いました。使うのは来年になりますが……

 

Plus One
今年の春の新作は、”蕗の薹と桜エビのパスタ”です。
作り方は簡単で、ペペロンチーニを作る要領で、ニンニクと鷹の爪をオリーブオイルで炒め、茹でたパスタを入れる直前に”蕗の薹”のみじん切りを入れ、パスタと共に軽く炒めます。

ペペロンチーニを作る要領で...

ペペロンチーニを作る要領で…

_DSC3888

桜エビと刻んだ蕗の薹をトッピングします。

皿に盛ってから大量の桜エビ(釜ゆでしたもの)をトッピングし,食べるときに混ぜながら頂きます。
春を堪能出来ますので、お試しあれ。

2010 年 8 月 17 日 火曜日

「”鱧”って関西ではウナギの代用品なんでしょう?」と聞かれ絶句した記憶があります。
関東では出回っておらず、あまり目にする機会は無いのですが、関西では夏の風物詩で京都の祇園祭の頃に出回り、「湯引き、鱧落とし」が有名で梅肉や芥子酢味噌で頂きます。
しかし本当はもう少し期間が長く、10月初旬位までは手に入ります。
’鱧松茸”などが食べられるのがその証拠で、松茸の土瓶蒸しに鱧の身が入っていると嬉しくなります。
この様に書くと鱧は高級食材かと思われますが、関西の家庭ではポピュラーな魚で、料理方法も様々、鱧チリ、鱧スキなどの鍋物、照り焼きや天ぷらなどもよく食べられます。鱧のフライは中々のものです。
スーパーや魚屋では、活き鱧が一本1000円程度で手に入り、頼んでおくとさばいて骨切りまでしておいてくれます。この骨切りが出来る魚屋が少ないのが関東で普及しない要因かも知れません。ハモの骨切りは中骨と取った後、小骨に庖丁を細かく入れて一寸に対し24切れ(1.25mmピッチ)に刻むと言われています。シャキッ、シャキッ、という骨切りの音が夏を感じさせる風物詩にもなっています。(最近では自動骨切り機があるらしいが…)
ともあれ先日実家へ帰ったときに鱧が手に入ったので、鱧スキ”をやることになりました。鱧チリならば何度かしているのですか鱧スキはやったことが無く、ネットで調べると、基本的には薄味の出汁で鱧や野菜を煮込む鍋物と言うことで、具は基本的には鱧があれば後は何でも良いようでした。しかし幾つかのレシピで強く主張しているのが、”タマネギ”!!チョット意外でしたがまあ、淡路島近辺で取れる鱧ならば、淡路島のタマネギは当然でしょう。
と言うわけでやってみたのが以下の写真です。
味は当然絶品でした。

もし試してみたい人がいるならば、関東で食べないこと。関西で食べてください。
何度か、近くのデパートやスーパーで鱧を見つけて試したのですが、毎回期待を裏切られています。
”淡路産”、”兵庫県産”等と書いてあってもダメでした。特に骨切りして、湯引きした状態で売っている物は最悪です。くれぐれも買わないように!
「鱧を食うなら関西で!」

春の訪れ

2010 年 4 月 6 日 火曜日

寒い日があったりして今年の春は何となくおかしいと思っていたが、
もう桜は満開。あっという間に過ぎていくのかなあ。

少し遅れた話題ですが、わが家では春の訪れを待ちわびる理由にある植物(食物?)があります。

ツクシ

一杯生えています。

ツクシです。例年、近くのマンションの横の斜面にツクシが一杯出てきます。
不思議な事にその一面だけで育ち、隣の斜面や、周りには一向に生えていないのです。
日当たりのせいなのか、子供が立ち入り難い斜面だからなのか原因はよく分かりません。
シーズンになると、その斜面にレジ袋を持ってツクシ取りに出かけます。
近ごろはツクシを食べる人も少ないのか近所の人もあまり見かけず、わが家専用のつくし畑 (よそのマンションの敷地なのですがねー:-)  になっています。
持って帰って、家族でツクシのハカマを取ります。大抵はかみさんがやってくれるのですが、時には私も手伝います。

ハカマを取ったところです。小一時間かかります。

甘辛く煮付けています。

たいがいは、油で炒めて甘辛い味付けにしますが、バターで炒めるのも中々。
今回はたまたまスキヤキと重なった為、入れてみると、中々いけます。
ツクシの味と言ってもさっぱりしていて、先の青い部分は何となくツクシの味がするのですが、マア春の味覚と言う事で毎年楽しみにしています。 お試しあれ。

スキヤキに入れてみました。

明けましておめでとうございます。

2010 年 1 月 6 日 水曜日

新年明けましておめでとうございます。
例年のごとく、年末に奈良の実家へ帰っておりました。今年は5日間居ましたので、ノンビリとしたお正月でした。

Osechi

我が家のおせちです。毎年黒豆は作ります。

例年のごとく初詣は春日大社ですまし、若草山の麓から手向け山八幡宮、東大寺二月堂、大仏殿を巡り、興福寺を抜けて三条通で、約4時間のコース。疲れました。
最後が三条通りというのは買い物をしたかったためで、目的は「こぼれ梅」。
東京の人は余り知らないらしく、行きつけの飲み屋の親父も知らないとのことで、
それでは今度帰ったら買ってくると約束しておりました。

こぼれ梅です。これで200円!

「こぼれ梅」は”味醂の酒粕”のことで、見た目がボソボソして、白梅のつぼみのように見えるところからの粋な命名だと思われます。味醂の粕だけあって甘みが強く、かつては素朴なお菓子として食された物です。アルコール分は結構あるので下戸の人は酔っぱらう事もあります。
これを、庭に撒いておくと雀が来てついばみ、良い気持ちになって眠くなります。
そこへ落花生の殻をまいてやると、「こりゃ良いところに枕がある」と雀は落花生を枕に寝てしまいます。そこを箒とちりとりで掃き集めて雀を捕まえる…….。関西落語の有名な一節です。



今、奈良は「遷都1300年」一色で何処へ行っても間抜け顔の「せんとくん」だらけです。

せんとくん

観光客の呼び込みかも知れませんが、何であんなキャラを作ったんかなー。
阿修羅か、弥勒菩薩の方が(大仏でも良いけど)よほど奈良らしいと思うのですが…

そう言えば、東大阪の石切神社も「いしきりん」と言うユルキャラをマスコットにしたとか….。 なんだそりゃ! 世も末だね。