2009 年 1 月 のアーカイブ

鍋の季節

2009 年 1 月 19 日 月曜日

明けましておめでとうございます。本年もイメージング・ソリューションズを宜しくお願い申し上げます。

最近、投稿をサボっていたらいつの間にか野鳥ブログサイト化しているので、少し景色を変えようかと.食い物ネタを….

オナベの季節がやってました。
我が家では、ネギと白菜が美味しくなって来るとは週末は必ず鍋が始まります。
毎週と言うからにはかなりのレパートリーがある訳ですが、基本は”水炊き”です。
「白身の魚」や、「骨付きの鶏肉」、「湯豆腐」、マア色々あるわけで何でもOK.
変わったところでは、「水菜と焼き穴子」、とか「鮭缶と茄子」、「豚肉と白菜の白味噌仕立て」なんぞもやります。「キノコ鍋」も大好物で後にうどんを入れるとたまりません。最近は娘のリクエストで「キムチ鍋」とか「もつ鍋」もレパートリーです。
で、「きりたんぽ鍋」も当然やるわけですが、昨年初めて”芹の根”が旨いことを知りました。
今までは、根っこの部分はザックリと切り、捨てていたのですが、この部分を鍋に入れて煮ると芹の香りが結構オイシイのです。又、天ぷらにしても絶妙! でもスーパー等で買うときれいな長い根が付いている物は少ないので注意が必要です。
たまにきれいな根を付けた芹を見つけると切り取って、根っこの部分の泥を取るのですが、これが大変な作業で、焼き鳥の串の先などで丁寧に泥を落とします。5~6個の根っこにタップリ30分以上はかかります。
そこで、思いついたのが以前買っておいた”超音波洗浄機”!! よく眼鏡屋の店頭に置いてあるアレです。眼鏡のレンズや時計バンドの汚れ、等細かい汚れもきれいにしてくれるので、これを使えば、根っこの泥などは一発できれいに…….

とは行かなかったのが下の写真です。振動させながら根っこを揺すったり叩いたりやってみたのですが、全く効果無し!
泥は全く落ちませんでした。 おそらく眼鏡の汚れなどと比べると泥の粒子が大きく重いため、超音波の出力が小さすぎ、振動してくれなかった物と思われます。

洗浄機の芹の根

洗浄機の芹の根

50KHz位ならオーディオアンプとツイータで振動させられないかなー。
使っていないトランジスターアンプは、100KHzで100W位は出たはずだし、
後はツイーター(振動子)だなー。芹の根の泥に最適周波数があるかも知れないな。
今後のお楽しみです。 「芹の根泥取り装置」