2009 年 10 月 のアーカイブ

夜間徘徊

2009 年 10 月 30 日 金曜日
10年前フイルム写真がまだまだ全盛の頃、デジタル一眼レフカメラといえば、業務用途のごく限られたものしかなく、素人は愚か、プロフェッショナルですら簡単に手が出せるものではなかった。しかも性能も(銀塩写真と較べてしまうと)さほど良くなかったので、フィルム世代からすると、これで”作品”を撮るなどとは当時考えられなかった。
しかし水面下ではデジタル化が着実に進行していて、3年も経たないうちに次第に形勢が逆転し始めるのだから、いつかこうなるとは覚悟してはいたものの、その速さには驚いた。
増上寺

増上寺

現代のデジカメは安価なものでもすばらしく良く写るのだが、不満もある。
なかでも高輝度側の階調再現がまだまだ、といった印象がある。ダイナミックレンジが狭いというのか、ある一定レベルを超えると一気に飽和してしまう。ヒトの見た目とのギャップがあまりに大きく、屋外撮影ではこれが一番の不満である。画素数増やすよりも他にやることがありそうだと常々思うのだが、素人が口を出すことではないか。
綺麗な写真を撮れるようにと、各社力を入れて開発している分野であるので、いずれ解決されるであろう。
それまでは、あきらめるか、後処理で何とかすることを考えるしかなさそうだ。

そういえばフィルム時代に、レベルを変えてスキャニングした数枚の画像を合成するとか、露出を変えて撮った数コマをデジタル合成するとかで、シャドーやハイライトの不足を補完するような画像処理をしたことがあるのを思い出した。しかし手作業なので、えらく手間のかかるものである。
過去モノクロ写真などもやっていた時期があって、現像やプリントの暗室ワークで自在にトーンを変化させることが出来た時代が懐かしい。

いろいろ調べてみると、最近そういった処理を自動化するソフトウェアがあるようで、デモ版もあるので早速試してみた。
使い方は至って簡単である。
露出を変えられるカメラ(もちろんデジカメ)ならどのようなものでも良い。
撮影の段階で、合成を意識しつつ、1EV刻みで露出を変化させながら、5~9コマぐらい撮っておく。これだけ。三脚が必須なのと、カメラに触るとフレームがずれる可能性があるので、オートブラケット機能があると便利だ。
この中から数コマをソフトウェアにロードすると、+-適正を自動で判別して、シャドー、ハイライト、中間調の「いいところ取り」した画像が合成される。いくつかのパラメータを調整して好みの画像に仕上げて行く。
果たしてこれが正しい方法なのか分からないが、とりあえずそれらしい絵になった。

増上寺

増上寺

ちょっと大げさに処理して、ありえない画像にしてみる。このお寺は夜間ライトアップしていないので、非常に暗いのだが、背景とのバランスがとれているのが分かる。ちなみに一発撮りでは、空や背景はカッ飛んでいた。(東京の夜は明るいのだな)

Web上にもこういった画像がたくさんんアップされていて、先達は独特のアート風に仕上げているモノが多く、私のはそのすばらしさの足元にも及ばないのであるが、方向性は違いなく、こういう感じで使うソフトなのだなと確信した。
HDR(High Dynamic Range)イメージというのだそうだ。「そのまんま」の命名である。
最近は一芸に秀でた画像処理ソフトが多いのが楽しい。
これらは飛び道具的なものなので、先にやったもの勝ちだ。写真表現としては決して万能ではないし、いじりすぎるのもどうかと思うが、見たことのない絵画のような画像が出来上がる。なかなか面白いアプローチではないか。
飽きるまでしばらく遊んでみることにしよう。

増上寺

増上寺

芝公園から東京タワー

芝公園から東京タワー

那須へ行ってきました

2009 年 10 月 21 日 水曜日
暫く書き込みをサボっていたので、つまらない文章を….
_0011298

空も雲も東京とは違います。

体育の日、家族が揃って休暇がとれたので温泉旅行です。
家族揃っての旅行など10年以上行っていませんでした。
行き先は、先日仕事で立ち寄った那須塩原。(どんな仕事かは内緒です)
風景が違うのですよね、都会とは。
空気が澄んでいて空も緑も鮮やかで、色合いだけは西海岸風。(ベルビア風??)
久しぶりにノンビリと温泉につかり、家族全員食事に大満足。
しかし、最近の観光地という物は何処も似たような美術館が多いですねェ。
箱根でも軽井沢でも、同じようなステンド硝子美術館、オルゴール美術館、クラシックカー博物館、etc,etc 何処でも見かけます。
アンティークブームなんでしょうか?

_DSC1570-2

エミール・ガレ美術館です。

それなら、真空管美術館、クラシックカメラ美術館、旋盤フライス博物館があっても良さそうなんだけど、マイナーなんでしょうかね、私の趣味は。

余談ですが、立ち寄ったエミール・ガレ美術館ですが、展示している作品はマア許せる範囲かなと思いました。作品を見た後、お定まりのミュージアムショップ(土産物屋です。)を見ていると色々ガラスのアンティークが置いてあるのですが、片隅に”梅酒をつける広口瓶”を売っていたのには興ざめでした。

アルパカ牧場

_DSC1609

ミラバケッソ !!

”ミラバケッソ”で一躍有名になったアルパカ牧場も行ってきました。

夏場は暑いらしく毛を刈ってしまうらしく、何とも惨めっぽい。

でも癒されます。

観光用に一部毛を刈っていないのがいたのですが、この毛触り?は何とも言えず気持ちの良い感じでした。

アルパカのジャケットが欲しい!!!

現地では 売っていませんでしたが….

日本画(平山郁夫画伯風??)

日本画みたいな夕暮れ (平山郁夫画伯風??)

久しぶりにノンビリした旅行でした。

干潟遠征

2009 年 10 月 19 日 月曜日

日一日と秋が深まってきたが、野山では冬鳥もまだほとんど到着しておらず、フィールドは静寂そのものだ。にぎやかになるのは、もう少し先のことだろう。
穏やかな秋晴れの1日、たまには海鳥でも見ようと、電車で行ける千葉の干潟に遠征してみた。目あては「ミヤコドリ」だ。遠征と言ってもほとんど地元のようなものだが、あまり行かない。東京Dズニー何とかに行く乗客が多い路線なので、休みの日まで混んだ電車にはあまり乗りたくないものである。
自分にしては珍しく、事前に潮位などを調べて干潮に合わせて到着するよう、また装備も前日のうちに準備し、用意周到にして出かけた。前の日は、なんとデジカメに肝心のメモリーカードを忘れて撮影に出てしまったから、一応学習効果である。
時間通り到着すると、期待通りの干潟が広がっていて、バーダーが沖に15人ぐらいいるか。その先を見るとミヤコドリや、数え切れないほどのシギたちが忙しく餌を獲っている。なるほどあそこまで行けば、光線具合も良く写真が撮りやすそうだ。

・・・

さて、ここで困ったことに気が付いた。なんと干潟にスニーカーで来てしまったのである。双眼鏡で覗くとみんな長靴着用。当たり前のことだ。
何が落ちているか分からないから、素足は危険だ。なぜかカバンが落ちていたので、どこかに長靴でも漂流していないだろうかとか、ビーチサンダルを買いに行くとかいろいろ考えたが、オフシーズンの売店でそんなものは売ってるはずもない。
限られた時間なので、意を決して(言うほどの決意でもないが)、そのままバーダーの集まっている最前線まで前進した。
きっと、変な奴が来たと思われたに違いない。
なるべく野鳥の目線に近くなるよう(これがいつもの撮影スタイル)、体勢を低くして構えていると、自ずとつま先に重心がかかり、みるみるうちにスニーカーごと砂浜に沈んで身動きがとれなくなる。これは不快だ。おまけに重量のある機材を載せている三脚も、重みでどんどん沈み、倒れて危うく水没するところだった。見られてはいないと思うが、傍から見ると素人丸出しである。何年野鳥撮影やってるんだか。
やはり「いつも何か足りない」。それが私だ。

靴の中の不快感も、無様な格好も気にならなくなって、ようやく調子が出てきた。今日は汗ばむぐらいの陽気で助かった。

トウネン

トウネン

トウネン

トウネン

トウネン=おかしな名前の小型のシギである。小さくて表情も動作も可愛い。

・・・

これも小型。こちらは少し嘴が長いので、「ハマシギ」かと思う。

ハマシギ

ハマシギ


シギとかチドリ類をまとめて俗に「シギチ」と称するが、野山の鳥に較べ、色も姿も類似する種類が多く、さらに個体差、幼・成鳥の違い、夏・冬羽の違いなどがあるので、シギチ初心者(私もそうだ)には同定が非常に難しい。
まれに群れの中に珍しい希少種が混ざっていることがある。そういう時は、野鳥よりも観察者(ギャラリー)のほうが多かったりする。
シギチを図鑑無しで同定できるスキルがあれば、さぞかし楽しいことだろう。シギチはとても奥が深いのである。

・・・

潮が満ち始めるまで数時間の間、砂まみれになってでも、数百羽のシギに囲まれて、とても癒された一日であった。帰宅後、機材のメンテナンスには参った。
そういえばシギの可愛さに夢中になり、ミヤコドリをまともに撮っていなかったのだ。
次回リベンジだ。