2010 年 6 月 のアーカイブ

プリアンプ改造

2010 年 6 月 15 日 火曜日

この2ヶ月ほどの土日を潰して、プリアンプの改造を行いました。
発端は昨年末のLPパーティーで、いくつか問題が発覚しリタイアさせていたプリアンプを、気合いを入れて改修する気になった為です。
このアンプは元々、”パッシブ型”と呼ばれるもので、中は切り替えスイッチと、ボリュームのみで、増幅回路は使っていない”究極のシンプルプリアンプ”でした。
ただ、そこはマニアックにいくつか仕掛けがあり、
1)ボリュームはH型平衡アッテネーターを使用
2)不平衡入力はトランスを介して平衡で受ける。
3)内部の配線はシールドケーブルを使わず、銀メッキテフロンケーブルを使用する。
と言う、自分なりには凝ったものを作ったつもりでした。
使っているうちに、いくつか問題が発見されました。
1)シールド線を使わない為、チャンネル間のクロストークが聞こえる。
2)平衡、不平衡が混在しており、機器間のグラウンド電位が曖昧になっており、パワーアンプと接続するとハムを引いている。(LPパーティーのハムはこれが原因かと思われる)
3)入力6チャンネルのうち4チャンネルが平衡入力であるが、わが家には平衡出力の機器は2つしかない。
…….
とマア、いくつか不満な点がありました。
今回の改造はクロストークとハムの減少が目標です。

方法としては、
1)不平衡入力をトランス受けをやめて専用ICアンプを使用する。
2)配線にシールドメッシュのチューブをかぶせ、クロストークを減少させる。
3) 出力に強力な平衡バッファーアンプを設置する。
とマア、以前とは正反対、力ずくの改造です。
ICアンプを多用するのですが、今回の改造のもう一つの動機は、歪み率が0.00003%と言う超低ひずみのアンプを見つけ,それを使ってみたいと言う魂胆です。
以下の写真が改造前と後のアンプ内部写真です。

アンプのハラワタ

前面パネルも電源スイッチが付きました。

パネル変更

ボリュームとセレクターだけです。

で音の方は…….
先日、アンプの電源を入れて、お気に入りのマンハッタントリニティーのアルバムを聞いていると、そばにいた娘が”アンプ変えた? 前よりいい音みたい” とマアうれしいお言葉。それなりの改善はあったようです。
(娘からは未だに”買い物のおねだり”は無いようなので、下心の無い感想と理解しております.  )
未だパワーアンプは不平衡受けなので、ハムは少し残っているのですが、
今後パワーアンプの平衡化と、ACラインのフローティングをやってみる予定です。
いつになる事やら…….

行水

2010 年 6 月 9 日 水曜日

2009.06 野鳥と水場

カワセミ

カワセミ - ドジョウを獲った

気温が高い日には、小鳥たちはより頻繁に水場にやってくる。水分補給、体温調整と翼を清潔に保つためのセルフメンテナンスのため。

ハクセキレイ(若)

ハクセキレイ(若)


泳いだり水に潜れない小鳥は、溺れないように、浅い水溜りで水浴びをする。ここは言わば共同浴場。絶えず新鮮な水の流れがあるような場所が必要だ。

スズメ

スズメの風呂上り


スズメは水浴びの後に、畑や砂場で「砂浴び」を行う。砂浴びは翼の寄生虫などを駆除するためだと言われ、スズメは水浴びと砂浴び両方を行う。

シジュウカラ

シジュウカラ


シジュウカラも水浴び。
水浴び中は無防備だ。しかし一瞬たりとも警戒を緩めず、短時間で済ませる。この後、安全な場所に移動して念入りに羽繕いを行う。

キジ

キジ


暑い日でもキジは砂浴びをする。これは無防備だ。畑の真ん中では、上空も地上も警戒しなければならない。

鳥にとって羽毛や翼は命である。採餌や繁殖と同様に、水浴びや砂浴びも大切な仕事の一部なのは間違いなさそうだ。

キジしかおらんのです

2010 年 6 月 1 日 火曜日

そろそろキジもチビちゃんを連れで現れる時期となったが、ここのは、まだまだのようだ。

いつものキジ

キジ

今頃になると、人間もあまり気にせず近くまでやってくる。

キジ-ディスプレイ

キジ 砂塵を巻き上げてディスプレイ

キジの雄は時折、ケン・ケーン(とか、ケッ・ケェーー)と鳴いて、激しく羽をばたつかせてドドドッと音を出す。縄張り宣言や、雌への存在アピールだ。コゲラに続いて動画に収めた。

(この動画の再生にはFlashPlayer最新版が必要ですが、IE6などで最新版が入っているにも関わらず、この下に[Get The Latest Flash Player]と出ている場合このページを再読み込みすると再生できることがアリマス.)

1秒足らずの間の出来事であるので、実は肉眼で見ても何がどうなってるのかよく分からない。
上の一部をスローモーションで見てみると、↓

3つのパートに分かれる。
1. バタ・バタ・バタ(準備, 羽ばたきx3回)
2. ケン・・ケーン(鳴き声)
3. ドドドッ(仕上げの羽ばたきx約7回半)
最後のドドドッは、音からしてせいぜい5回ぐらいかと思っていたが、なんと8回ぐらい羽ばたいている様子が分かる。今まで動画はあまり撮らなかったので、これは発見だった。

これではどんなに連写しても上手くタイミングが合わないわけだ。
向きが悪かったり↓

キジ-ディスプレイ 少し後ろ向き

キジ-ディスプレイ 少し後ろ向き

WB(ホワイトバランス)を間違える↓恥ずかしい失敗。

キジ-ディスプレイ 正面から

キジ-ディスプレイ 正面から/白色蛍光灯?

いまだ満足行く結果は出せていない。