2012 年 1 月 のアーカイブ

先程迄、写真機で在りし物

2012 年 1 月 29 日 日曜日

昨年末、とあるカメラのキャンペーンに応募してすっかり忘れていたのだけど、「当選の発表は発送をもって…」の荷物が今朝届いた。どうやら抽選に当たったようだ。
貧乏くじ男にも、人生たまにはこういうこともあるだろうと、ちょっとだけ気分を良くしていた...矢先に、それは帳消しにされた。

NEX-5 クラッシュ

NEX-5 クラッシュ

サイクリング中にウエストポーチからアスファルトに自由落下。身銭を切って耐衝撃実験をやってしまった。

見るも無残、デジカメの顔とも言えるLCD部から激突して、パネルが割れて吹っ飛んだ。カメラ本体よりもヘビーな200mmレンズをつけていたので、衝撃も倍加。当然そのレンズもダメにした。(実はこっちの年代物レンズの方が入手困難なのでショックが大きい)

メーカー保証残付きの奇麗な中古を買って、さあこれから使い込もうと思っていたのに。

バック

バック

モニタの稼動部が破壊度合いが大きい。電池室の蓋もよく閉まらない。電池も吹っ飛んだ。

液晶を構成するフィルム

液晶画面を構成するフィルム群

一緒に飛び散った『フィルム』。どういう順番で入っていたのだか、もはや分からない。

 

されど動く

バラバラになった液晶部を適当に組んで、フレキシケーブルを接続して電源を入れてみた、、、、すると

バックライトが点いた!しかも、何か表示しようとしている。シャッターボタンを押すと、オートフォーカスが動き、シャッターが動作する。フラッシュも光る。カードに記録も出来る。どうやら液晶部以外は生きているようだ。プラスティックボディが破損することで、衝撃が緩和されたのだろう。

LEDバックライト点灯

LEDバックライト点灯 映像信号も来てるようだ

 

でもこれじゃ、撮影画像確認やらカメラの設定すらできない。表示部の無いデジカメは、カメラとして成り立たないことが分かる。せいぜいモードダイヤルぐらいは外につけて欲しいな。そうすれば、世界の果てでこのような事態に見舞われても、全自動モードに切り替えて撮影を続けられるかもしれない。新たなSONY伝説が語られるかもしれない。

修理か否か

メカや電子部品が正常と分かれば、修理に出すかどうかだ。結論から言えばNOだ。

これだけの衝撃を受け止めたのだとすれば、フレームも変形してるだろうから、LCD部交換だけという訳には行かない。中古購入価格を超えてしまえば(多分そうなるだろう)、『全損』として諦めざるを得ない。余程愛着のあるモノなら使い続けたいが、デジカメには賞味期限があるので、そういう感覚も希薄になってしまっている。経済的な観点で何でも使い捨ての世の中。あまり良い傾向ではないが、直して使うようには作られていないのが現実。

まったく動かないわけでも無いので、貧乏性としては、もったいない気もする。何とかならないものだろうか。

外付け電子ビューファインダーが使えるカメラなら、LCDの代用ができるのだろうが、この機種は旧機種。残念なことに、そういったオプションが無い。本当に残念。

他に考え付く安易な方法としては、HDMI経由で外部モニタに出力すること。でも、本体がコンパクト(かつて世界最小)であるメリットがスポイルされて、まったく実用的ではない。外部モニタも結構値が張る。

あるいは、同機種のジャンクから生きた稼動液晶ユニット部や外装を移植する、いわゆる「2個イチ」。しかし都合よくそういったものが出るはずが無いか。気長にオークションウォッチするしかない?

 

極薄の液晶パネル

極薄の液晶パネル

この薄さには感心する。スマホもケータイも製品が薄型化できる訳だ。

 

すばらしい教訓

・ 硬い地面に落とせば壊れる

・ ディスプレイに大きく依存するデジカメは、いざという時不便 (液晶タッチ式はさらに厳しい)

・ チャリに乗るときは、カメラストラップを『たすき掛け』にする

・ 購入時 全損・盗難保険に加入する

・ キャンペーンに応募しない、くじを引かない

誰にも均等に運があるのだから、つまらないところで使っちゃダメだって、TVで欽ちゃんが言ってたっけ。今年の運を早々に使っちゃったのかも。