2013 年 2 月 のアーカイブ

Vise Maniac

2013 年 2 月 24 日 日曜日
Vise Collection

Vise Collection

 

新年早々、バタバタしており、足の具合も良くなかったのでしばらくブログから遠ざかっていました。

もうすぐ暖かくなりそうなので、そろそろ活動開始!

 

フライスの改造が一段落し、工作室をかたづけていたら、バイスがゴロゴロ、いつの間にか、こんなにバイスが貯まっていました。
バイスとは、万力のことで、工作には欠かせない物です。
必要に迫られて、各種サイズの物を買いそろえたり、例によってオークションで安売りしている物を
後先考えずに買って見たり……
写真に写っている以外にもいくつかあるはずですが、大部分は大陸製の安物か、国産の中古のものです。

万力と言っても木工等では加工する木材を固定する程度ですが、
金属加工となると、直角を正確に出す精度と、大きな力が加わる工作機械に固定するため強度が必要とされます。
きちんと固定できるバイスがあるか無いかで、工作精度が決まります。
この写真はバイスをフライス盤にセットしているところですが、ごらんの様にダイヤルゲージで計りながら素材両端で2~3/100mm程度までは平行を出します。

Setting

Setting

この様にきちんと精度を出して固定しておくと、素材を外したり向きを変えて固定しても平行が出ます。

テーブルをX軸で動かすと直角に移動するため、正確な加工が出来ます。(腕が良ければ... 🙂

傾斜バイス

写真3 傾斜バイス

 

 

手持ちのバイスの中で一番大きな物は写真3の傾斜バイスです。(最初の写真の右中段にあるものです。)

回転テーブル付きで重さは25kgはあります。
これがいつ必要になるかは分かりませんが、最近オークションで手に入れました。
こんな物足の上に落とすと、確実に身体障害者になってしまいます。(もう半分障害者ですが…)

 

 

 

 

 

 

 

逆に一番小さな物は写真4の物で、たばこの箱の半分程度、親指ほどの大きさしかありません。小さな物をはさんで、バイスごと大きなバイスで加えて固定します。

MicroVISE

写真-4 MicroVISE

 

気合いを入れて削るときには、写真5の精密バイスの登場になります。バイス全体の精度は0.0002inを確保していると言われ、ねじで押さえつけるのではなく、斜め下向きにネジで引きつけて固定します。USのネットショップから買いましたが、送料の方が高く付きました。(それでも国内で買うより安いのですが…)

 

MillingVise

写真5 精密バイス

今度は自分でバイスを作ってみようかなァ…..。