2013 年 10 月 のアーカイブ

旅路 -ノビタキ-

2013 年 10 月 19 日 土曜日

高地や北方で夏を過ごした、いわゆる夏鳥が南方に戻る季節。街中にもよく姿を現し、見る者を楽しませてくれます。

キビタキ

キビタキ

キビタキ♂

初夏にも通過しましたが、黄色と黒のコントラストが鮮やかなキビタキ♂は、特に人気。人間をあまり恐れず、静かにしていると近くまで来ることがあります。身の丈以上のツユムシを捕まえて(しまい)、処理に難儀していました。エネルギーを補給しながら旅を続けます。

 

 

ノビタキ

ノビタキ

ノビタキ

こちらは地味ですが、冬羽モードのノビタキ。こうなるとほとんど雌雄の区別がつかなくなりますね。ノビタキは草原の鳥で、明るく開けた田畑や河川敷に数羽で現れます。見晴らしのよい所にとまるので、(居れば)すぐに見つけられます。

ノビタキ

ノビタキ

色が濃い目の個体。これは囀っているのではなく、 季節外れの気温30度越えの午後、口をぱっかり開けて冷却をしています。鳥は汗腺がないのでね。

 

ノビタキ

ノビタキ x セイタカアワダチソウ

秋の景色にぴったりの色彩で、とても風情があります。

 

ノビタキ

ノビタキ

江戸川あたりでは、セミからコオロギの鳴き声に変わるお彼岸過ぎに多く通過します。台風が多い時期でもありますが、天気が良いとどんどん移動するようです。
 

毎年やってくるように、環境が維持されることを望みます。
 

 

カァー

カァー

渡り鳥ではなく、どこにでもいるカラス。