2015 年 6 月 のアーカイブ

OTLアンプ

2015 年 6 月 14 日 日曜日
R0141940
前回は測定器のお話をしましたが、今回はOTLアンプ。
ご存じない方のために、”OTL”とはOutputTransformarLessの略でアンプの出力段にスピーカーとのインピーダンスマッチングを取るためのトランスが使用されていない形式を言います。(昨今のトランジスターアンプは一部を除いて,殆どがOTLです。)
元々、オーディオアンプは真空管でスタートしたのですが、真空管の内部インピーダンスが高く(数百~数キロΩ)スピーカーのインピーダンス(4~16Ω)との整合がとれず,マッチング用のトランスを介してドライブしていました。このトランスが曲者でインピーダンスマッチングは出来ても、周波数特性が狭くなり、歪率も高くなりとあまり良いことは無く、数十年前のオーディオメーカーは高性能なトランスの開発に注力していました。(放送機器のタムラやLUX、海外ではMacintosh等)
ただ、高性能なトランスは高価で重く一般には中々手が出ないものでした。
元々、お金のないアマチュアはそれならトランスを無くしてしまえと言うことで開発されてきたのがOTLアンプです。メーカーでも様々な回路方式が研究され実用化されてきましたが、商品化されたものは少なく、USAのフッターマンH-3、LUXのMQ36,テクニクス20A等が代表的で,現代でもきちんと保守されているものは高く評価されています。
前置きが長くなりましたが、今回のOTLアンプは6台目!!です。出力管も色々で6080、6336A,17KV6A,6C19P等色々使ってきました。
今回のアンプは6CP19Aを上下4本パラレルで、ステレオで合計16本使用したフッターマン型のアンプです。6C19Pはロシア製の高信頼管で、定電圧電源に使用される内部抵抗の低い(規格では230Ω)3極管です。なぜ16本かというと、6C19Pのヒータ電圧が6.3Vなので16本シリーズにするとAC100Vで点火でき,電源回路の簡素化が図れる為です。
今回、制作過程の写真を撮っておきましたのでご覧ください。
回路図です。

回路図です。

アルミのサッシと板材から切り出し、穴あけをしたところ。

アルミのサッシと板材から切り出し、穴あけをしたところ。

仮組したところ。

仮組したところ。

シャーシーを塗装して組み立てたところ

シャーシーを塗装して組み立てたとこ

主要部品を取り付けたところ。

主要部品を取り付けたところ

配線途中

配線途中

 20cmx40cmのシャーシーに真空管を20本も並べると相当混み合います。内部配線もある程度ブロック化し、組み立て手順を考えておかないと後で苦労することになります。

今回の私の作業はここまでで、後の配線はお師匠様にお願いしました。何分、初段周りの配線はノウハウの塊で、抵抗やコンデンサーの位置やリード線の長さ一つで特性に影響を及ぼします。

自分でやらねばといつも思うのですが、ここは師匠の顔を立てて……….

で出来たのがこれです。

で出来たのがこれです。

 

主な特性は以下の様です。

主な特性

主な特性

入出力特性から、最大出力は約10W、残留ノイズは約1mV、歪み率は最低値で0.08%程度、各周波数とも良くそろっています。

周波数特性は5Hz~200KHzで0.3dB以内、低域が伸びているのはOTLのおかげです。高域がやや悪い(それでも200KHzまで伸びていますが…)のは、初段の負荷抵抗が1.3MΩと高いため,裸の高域特性が悪くNFBの量が減っているせいかと思います。高域の歪み率が少し高いのもこれが原因かと思います。全体に特に問題は無く、普段聴くには十分な特性です。

で、音はというと特性通り低域の良く伸びた,歪み感の少ないOTLらしい音です。この低音はトランス付き真空管アンプでは中々聞けないと思います。

暫くは我が家のMainシステムとして使っていきます。