チャリナビ

2010 年 8 月 24 日 : by Mode-68

自転車用のGPSナビ、カーナビならぬチャリナビがあるということを、遅ればせながら最近知った。といっても、自転車専用という訳ではなく、クルマはもちろん徒歩モードや消費カロリー計算、トラッキングログも付いているというから、これは利用価値が高そうである。
何を隠そう、僕は地図を回して見てしまうほど方向感覚が欠如している。そのため自転車で遠出すると、必ず余計な距離を走行してしまうのだ。
でもこれがあれば地図を自動的に回転(ヘッドアップ)してくれるし、女性の声で優しくルートガイドしてくれるではないか。もう寂しく夜道を迷うことも無くなるのか!
時は金なり。これからの野鳥シーズンの到来を前に、購入を見送る理由が無くなった。ここで、いつもの無駄遣いと物欲の神様の声がそっとささやいた。
帰り道に家電量販店など無ければ...と常々思う。

チャリナビで田園を快走

この機種は自転車用ということで、バーハンドル取り付け用のマウントキットが用意(オプション)されており、本体は簡易防水だそうである。ところが、手にした個体は左側のインターフェース類をカバーするゴム部品の造作が良くなく、きっちりと閉めても、しばらくすると少し開いてしまう。これでは降雨時の浸水は確実である。たまたま本個体特有の問題とは思うが、日本の誇る世界のメーカーの製品らしくないもので残念。しばらく使用したら修理を依頼してみよう。
問題は中身の性能のほうだが、これも価格が価格なので、この前買ったカメラ用のGPSユニットより多少精度が上がれば上々か、程度の期待に抑えておく。
...ところがところが、本格カーナビとまでは行かないのだろうが、予想を遥かに凌ぐものであった。

たとえば↓これはコンビニで買い物を終えたクルマが出てきて歩道を塞がれてしまったので、僕がコンビニの敷地内へ回り込んで回避した軌跡。微妙な動きが記録されている。
回避

次は、斜め横断現場の証拠 – 危険です↓
斜め横断
 
これこそが方向音痴の証明。音声つきルートガイドでもこうなってしまうトホホな図。ビジュアル化はインパクト大↓

 
あまり意味の無い360度旋回↓

 
歩道橋で道路横断中↓

 
さほど期待しなかった分、ここまで捕捉できるとは感動がより大きい。
稀に道路から数m外れることもあるが、地図の航空写真のほうがずれている可能性も否定できない。
都会のビルの谷間などでは如何ほどの性能か分からないが、標識・案内の少ない田舎道をいかに迷わずスマートに走るかが第一目的なので、これで必要十分、問題ないようだ。
 
ちなみにこの機種はログ出力形式として、NMEAかKMLを選択できる。なんとなく耳にしたたことのあるNMEA-0183を選んだが、Google Earthで表示する場合は、そのまま読み込めるKMLが便利だ。もっともソフトウェアでフォーマット相互変換できるので、ひと手間を惜しまなければ、どちらでも構わないだろう。このログデータを元に、撮影済みのEXIF画像にジオタグを付与することも出来る。ただし別システムだから、時刻同期、とり分けデジカメラ側の時計合わせは重要だ。
 
早速これで県境を越えてトリップだ。
つづく

タグ: ,

コメントは受け付けていません。