‘トースター’ タグのついている投稿

トースターの修理

2015 年 4 月 4 日 土曜日
我が家のトースターがどうも調子が悪い。
トースターはUSAサンビーム社製でスクリーンセーバーで羽根が生えた空飛ぶトースターのモデルになったタイプ。
FlyingToaster
我が家に来てからかれこれ15年。殆ど毎日美味しいトーストを焼いてくれていた。
上にパンを入れる長方形の穴があり、そこに食パンを入れると、そろそろと沈んでいき、焼けたらまたそろそろとトーストが持ち上がってくる。
最初にこの動きを見たのは20年ほど前の大阪”吉田バー”、おつまみにオイルサーディンのトーストを頼むと、このトースターでこんがり焼いたトーストにバターを塗り、オイルサーディンを乗せただけ。でもこれが美味しいのと、トースターの動きが楽しい。
愛用のトースター

愛用のトースター

すでに製造中止になっていたようで、その後オークションでデッドストックを見つけて購入したのが15年ほど前でした。
ヒータが強力で,パンに近いため,表面はこんがりでも中はふっくら。美味しいトーストが焼けます。
ところが、ここ1年ほどはパンを入れても中々沈まず、これがまたうまく沈むときとそうでないときがあって、余計イライラ。最近は90%沈まない。
買い換えるにも,ディスコンで販売しておらず、ダメ元で修理してみることにしました。
内部はいまどき珍しい完全な機械式で1ミリ程のプレス抜きした鉄板の組み合わせで作られており、結構複雑な動きが機械機構のみで実現されています。
カバーを外して,暫く眺め回していましたが、どうも原理が分からない。
電気的なスイッチというものが無く、バイメタルの温度制御装置の接点を,メカニズムで制御しているようです。どうにも分からないのがバイメタルで電源が切れた後、そろそろとトーストがせり上がる仕掛け。沈むときにスプリングをチャージしているわけでも無いので不思議です。どなたかメカの専門化の方で原理をご存じの方おられましたら教えてください。
内部構造
とは言うものの、我が家でパンが焼けないのは困るので、取りあえずパンを入れると電源が入りパンが下りていく所だけは少し分かってきたので、機構部分のあたりの調整を行い、何とか自動的に下りていくようになりました。
その後、長年の使用で汚れていたカバー表面をコンパウンドで磨きピカピカにした後、組み立てて修理完了。ほぼ新品同様?に……..
今朝の朝食用の食パンを焼いてみましたが、快調です。
うまく焼けました。

うまく焼けました。

温度調節のレバーの位置関係が少しずれたのか,以前と焼き加減が異なるようですが,レバーで調整できるので問題なし。美味しいトーストでした。