‘料理’ タグのついている投稿

トースターの修理

2015 年 4 月 4 日 土曜日
我が家のトースターがどうも調子が悪い。
トースターはUSAサンビーム社製でスクリーンセーバーで羽根が生えた空飛ぶトースターのモデルになったタイプ。
FlyingToaster
我が家に来てからかれこれ15年。殆ど毎日美味しいトーストを焼いてくれていた。
上にパンを入れる長方形の穴があり、そこに食パンを入れると、そろそろと沈んでいき、焼けたらまたそろそろとトーストが持ち上がってくる。
最初にこの動きを見たのは20年ほど前の大阪”吉田バー”、おつまみにオイルサーディンのトーストを頼むと、このトースターでこんがり焼いたトーストにバターを塗り、オイルサーディンを乗せただけ。でもこれが美味しいのと、トースターの動きが楽しい。
愛用のトースター

愛用のトースター

すでに製造中止になっていたようで、その後オークションでデッドストックを見つけて購入したのが15年ほど前でした。
ヒータが強力で,パンに近いため,表面はこんがりでも中はふっくら。美味しいトーストが焼けます。
ところが、ここ1年ほどはパンを入れても中々沈まず、これがまたうまく沈むときとそうでないときがあって、余計イライラ。最近は90%沈まない。
買い換えるにも,ディスコンで販売しておらず、ダメ元で修理してみることにしました。
内部はいまどき珍しい完全な機械式で1ミリ程のプレス抜きした鉄板の組み合わせで作られており、結構複雑な動きが機械機構のみで実現されています。
カバーを外して,暫く眺め回していましたが、どうも原理が分からない。
電気的なスイッチというものが無く、バイメタルの温度制御装置の接点を,メカニズムで制御しているようです。どうにも分からないのがバイメタルで電源が切れた後、そろそろとトーストがせり上がる仕掛け。沈むときにスプリングをチャージしているわけでも無いので不思議です。どなたかメカの専門化の方で原理をご存じの方おられましたら教えてください。
内部構造
とは言うものの、我が家でパンが焼けないのは困るので、取りあえずパンを入れると電源が入りパンが下りていく所だけは少し分かってきたので、機構部分のあたりの調整を行い、何とか自動的に下りていくようになりました。
その後、長年の使用で汚れていたカバー表面をコンパウンドで磨きピカピカにした後、組み立てて修理完了。ほぼ新品同様?に……..
今朝の朝食用の食パンを焼いてみましたが、快調です。
うまく焼けました。

うまく焼けました。

温度調節のレバーの位置関係が少しずれたのか,以前と焼き加減が異なるようですが,レバーで調整できるので問題なし。美味しいトーストでした。

ビーフジャーキー作りました。

2008 年 11 月 27 日 木曜日

エー、自分で作れるの? と言う声が聞こえてきそうですが、意外と簡単です。
と言う話しをしていたら、スタッフの奥様が大好物という話しで、それなら久しぶりに作るか、と….
周囲の人に食べさせたところ、好評で、皆さん旨いといってくれました。
マア、同じ物は2度と作れない素人のお遊びなのですが….。
で,男の料理レシピ公開です。

材料 :
牛もも肉 1KG ( 脂身の少ない方(無い方!)が良いので、安い輸入牛肉がBest )
調味液 : 醤油200cc 赤ワイン 200cc, タマネギ1/2個、 ニンニク1欠け、塩こしょう 適当、砂糖ひとつまみ。
道具 :  キッチンタオル(大量)、ジップロック、洗濯物ハンガー? (洗濯ばさみが一杯ぶら下がっているアレです)(追記 最近は塩辛いものが苦手なので醤油150cc、赤ワイン250cc位でチリペッパーを小さじ一杯程度入れています。)

作り方
1)肉を繊維に添って4~5mm厚に切ります。 (包丁で薄く切るのは難しいが、厚くてもオイシイので気にしない。) 脂身(サシ)が入っていない、草原育ちの牛の方がオイシイ様です。

この肉は少しサシが入っていたため良くなかった。

2)まな板の上で塩、胡椒を軽く振り、キッチンタオルで挟んで、冷蔵庫で一晩寝かせる。(これで、一部水分を抜く)

これで約1Kg分

3)翌日、調味液を作る。醤油ベースなので、赤ワインの量は適当、醤油:ワインが1対1が基本で、市販のジャーキー風の濃いめが好きならワインを控える。 味は漬け時間にもよるので、出たとこ勝負でOK(  ?? 何といい加減な… )。
タマネギ、ニンニクをすり下ろし、砂糖少々と共に、調味液に混ぜる。好みで”鷹の爪”チリペッパーなども可
4)上記、”秘伝の調味液”と翌日から寝かしておいた肉をジップロックに入れてよく揉み、満遍なく肉に行き渡らせる。

ジップロックは手が汚れないし、タレも無駄がないのでお勧め

5)漬けておく時間で味の濃さが変わるので、色々試してみる。基本は5時間程度、(忘れていて丸一日漬けていたことがあるが何とか食べられました。 :-)(追記:大体3~4時間が宜しいようです。)
6)時々、「美味しくなれよー」と祈りながら袋ごと揉んで、ムラにならないよう良く味をしみ込ませる。
7) 漬け込みが終わったら、机の上にキッチンタオルを一杯広げ、その上に肉を並べ、上からキッチンタオルをかぶせ、余分な調味液を垂れない程度に取り除く。

ペーパータオルは大量に使います。

8) 肉を、一枚一枚、洗濯物ハンガーの洗濯ばさみに挟み、ぶら下げる。(チョット異様な風景です。)
9) ハンガーを日陰の風通しの良いところにぶら下げ、2~3日乾燥させる。

洗濯ばさみの後がついています。

洗濯ばさみの跡がついています。

屋外で干していると、虫や、小鳥が来るようなら、お裾分けしてあげましょう。いやな人は、100均で売っている大きめの洗濯ネットや、釣り道具屋で売っている,干物用のネットを買ってくればOK。
10) 時々端っこをちぎって味見をし、気に入ったところで乾燥終了。完成です。
気温が低めで空気が乾燥していないと上手くいかないので、秋から冬にかけてが宜しいようです。   今頃の晴天日だと1~2日で食べられる様になります。

一週間程度で食べ終わるなら、そのままビニール袋に入れて冷蔵庫で保存でOK ですが、長期間保存するなら、燻製にする方が良いようです。我が家ではすぐ無くなるので、燻製はしません。チョット焙っても美味。

失敗したら…
1)味が薄い場合、->調味液にもう一度つけて、乾燥させる。
2) 味が濃すぎた場合、-> 我慢して食べましょう。 ビールが進みます。
3)どうにも食べられない場合-> 犬にやっても食べませんから、適当に切ってハヤシライスにしましょう。

以上、お試しあれ。